福祉用具


福祉用具のレンタル費用の負担額を軽減してくれるサービスです。
「買うにはちょっと高すぎて手がでない…」「介護状態の変化に応じて毎回買うのは大変だなあ」「買う前にちょっと使ってみたい!」、そんな時に利用ください。

福祉用具貸与

◇日常生活の自立を助けるために、次の用具をケアプランに位置付けて利用することができます。
(1)〜(8)要支援1・2、要介護1の方は利用できません。また(13)は、要支援1・2、要介護1〜3の方は利用できません。ただし、いずれも一定の条件のもとで利用できる場合があります。

(1)車いす

必要に応じて福祉用具の説明、画像を追加できます。

(2)車いす付属品

(クッション、電動補助装置など)

(3)特殊寝台

必要に応じて福祉用具の説明、画像を追加できます。

(4)特殊寝台付属品

(マットレス、サイドレールなど)

(5)床ずれ防止用具

必要に応じて福祉用具の説明、画像を追加できます。

(6)体位変換器

(起き上がり補助装置等含む)
必要に応じて福祉用具の説明、画像を追加できます。

(7)認知症老人徘徊感知機器
(離床センサー含む)

必要に応じて福祉用具の説明、画像を追加できます。

(8)移動用リフト

(段差解消機、立ち上がり用いすなど。ただし、つり具を除く。)
必要に応じて福祉用具の説明、画像を追加できます。

(9)手すり

(取り付け工事不要のもの)

(10)スロープ

(取り付け工事不要のもの)
必要に応じて福祉用具の説明、画像を追加できます。

(11)歩行器

必要に応じて福祉用具の説明、画像を追加できます。

(12)歩行補助つえ

必要に応じて福祉用具の説明、画像を追加できます。

(13)自動排泄処理装置

(交換可能部品を除く)

◆平成27年度から「(1)車いす」の対象品目に「介助用電動車いす」が追加されました


5種類の特定福祉用具が販売の対象となります。また、その他介護用品として、靴、杖、食器、エプロン、大人用紙オムツなど、様々な介護用品を取り扱いしております。

福祉用具購入

◇肌に触れることにより、貸与になじまない次の用具については購入することができます。
※都道府県等の指定を受けた事業者から購入することが必要です。
※購入の際は、担当のケアマネジャーに相談してください。

腰掛便座
自動排泄処理装置の交換可能部品
入浴補助用具
簡易浴槽
移動用リフトのつり具

◆平成27年度から「①腰掛便座」の対象品目に「水洗ポータブルトイレ」が追加されました。

利用限度額 要件
10万円 ●円環10万円が限度で、その1割または2割が自己負担です。(毎年4月から1年間)
●同一年間で同一品目の福祉用具購入は原則としてできません。